メニュー
カート0

完全組立の自転車を激安でお届けする自転車 通販サイト

女性だけに、女性の為の、女性にお薦めのママチャリとは

投稿者 :Taisuke Nakamura on

快車やシティ車を代名詞の如く、あえて“ママチャリ”と言われる所以(ゆえん)は何故でしょうか。近年、ママチャリは国民的移動手段として支持され認知されている事は誰にも否定出来ない事実です。
そもそも“ママチャリ”は女性のニーズにより、女性が乗り易く使い易く、安価で手頃に購入出来て、身近な移動手段と言う、開発経緯があり呼称として命名されたのではと推察しますが、此れ如何に?
なのに老若男女を問わず多くの人に親しみ乗輪される要因は数々あれど、生活に密着した利便性の高い標準装備品にそのヒントがあるのではと思います。

今では当たり前と思う“籠(カゴ)”を観ても形状や材質で女性のニーズを的確に捉えて商品化して装着されています。他にも照明用のライト、スタンド(両方・片足)、泥除け、ハンドル、反射板等々、そして色調と多くの女性のニーズが満載されています。
今回は、多様化する女性のニーズに合致したママチャリの“お薦めポイント”をピックアプしました。

お薦めポイント① 身長に合ったインチサイズ(タイヤ)が選択できます。

軽快車(ママチャリ)の一般的タイヤサイズは24~26インチとされていますが、そのまま女性にも通用するとは言い難い事もあります。要するに自分の身長に合った自転車選びが最適ではないでしょうか。
タイヤサイズの選択基準としては、跨ぎ(またぎ)易さ、走行時の安定姿勢、停止時の安全確保などがポイントです。タイヤサイズに限らずフレーム構造との関連で適正なママチャリを選択して下さい。

お薦めポイント② ドレスガードが標準装着されています。

ドレスガードとは安全走行の最たるもので、自転車の走行時にスカート(ドレス等)がリム(車輪)に巻込み等を防止するもので、ママチャリの標準装備品でもポピュラーなパーツの一つです。大人だけでは無く、後部のキャリアに子供を同乗した場合にも服装や足先などの巻込み防止に役立つ大切な部品である事に間違いありません。ドレスガードが装着されている事はママチャリの特権でもあります。

お薦めポイント③ 低床フレーム等、フレームタイプで選択できます。

ママチャリのフレームは多種多様なタイプがありますが、“跨ぎ(またぎ)易さ”は乗輪に際して重要な選択基準となります。乗輪時の服装にも依りますが、自転車の走行時にペダルを漕ぐ両足の回転運動の際も低床フレームは女性に人気で、常に上位にランクされています。機能面では乗輪時はもとより降輪時もスムーズに安全動作ができる事とデザイン的にもインパクトがある事が人気の要因になっています。

お薦めポイント④ 内装3段の変速機はメンテナンスフリーです。

自転車での移動は平坦な道だけではありません。急な坂道もあれば、風の強い向かい風の時もあります。無段変速の自転車(ママチャリ)で走行中に、「変速機が付いていれば楽に走れるのに・・・」と思った事はありませんか?「6段変速でなくとも、せめて3段変速機が付いていれば」と。多段変速の場合は
外装と言って変速ギアがむき出しで注油を含めてメンテナンスを要するために、女性には余り好まれない事もありますが、内装3段変速機はメンテナンスフリーの上、手元で簡単に変速可能で好評です。

お薦めポイント⑤ ママチャリ本体の機能性と利便性だけではありません!

近年は街中を走る自転車を、只の移動手段と捉えるのではなく、ファッションとして服装や帽子、足元の履物と自転車のコラボでファッションの一部として捉える向きもあります。フレームカラーや材質の多様性に加え、機能性と利便性を満載した装備品でママチャリの魅力の高まりがお薦めポイントでは。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →