車種一覧表

画像
シリーズ名 SUNTRUST La Famiglia trois dixhuit dixhuit trois SUNTRUST Leciel Leciel La Famiglia paprika SUNTRUST La Famiglia Rangritta dixhuit Leciel SUNTRUST
サイズ 26インチ 26インチ 27インチ 26インチ 26インチ 27インチ 26インチ 26インチ 26インチ 26インチ 27インチ 27インチ 27インチ 27インチ 26インチ 26インチ 700C
ギア なし なし なし シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア なし シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア シマノ製6段ギア
ライト ブロックダイナモ ブロックダイナモ ブロックダイナモ ブロックダイナモ ブロックダイナモ ブロックダイナモ オートライト オートライト オートライト オートライト ブロックダイナモ オートライト オートライト オートライト ブロックダイナモ オートライト なし
かご(横×縦×高) 31×24×23(cm) 31×24×23(cm) 35×26×23(cm) 35×29×24(cm) 35×29×24(cm) 37×31×21(cm) 35×29×24(cm) 35×28×28(cm) 35×28×28(cm) 35×27×28(cm) 37×21×20(cm) 36×29×24(cm) 35×27×28(cm) 37×30×21(cm) 35×29×24(cm) 35×28×28(cm) なし
キャリア クラス18 クラス18 なし クラス18 クラス25 なし クラス18 クラス18 クラス25 クラス18 クラス18 クラス18 クラス18 なし クラス25 クラス25 なし
フレーム ダブルループ ダブルループ スタッガード ダブルループ ダブルループ パラレル ダブルループ ダブルループ ダブルループ ダブルループ Vフレーム SSフレーム ダブルループ スタッガード ダブルループ ダブルループ デザインVフレーム
価格 14,200円(税込) 14,400円(税込) 14,500円(税込) 17,000円(税込) 17,000円(税込) 17,000円(税込) 17,700円(税込) 18,100円(税込) 18,100円(税込) 19,400円(税込) 21,800円(税込) 23,100円(税込) 24,100円(税込) 24,100円(税込) 26,200円(税込) 29,100円(税込) 19,300円(税込)
カラバリ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ
カラバリ

ママチャリのインチサイズについて

  • ゴーゴーサイクリング 26インチ自転車
  • 26インチ

    通勤、通学や毎日の買い物などに利用される場合は、26インチ以上のママチャリをおすすめします。
    長い距離を20インチの折りたたみ自転車で走る場合と、26インチ以上のママチャリで走る場合は、26インチ以上のママチャリのほうが楽で走りやすいです。
    26インチ自転車をみる 
  • ゴーゴーサイクリング 27インチ自転車
  • 27インチ

    26インチと27インチで比較した場合も、27インチのほうがスピードが維持されやすく安定します。
    ある程度スピードが出てペダルをこがず惰性で進む場合は、インチサイズが大きいほうがスピードが落ちにくいので、長距離の走行には27インチが向いています。
    27インチ自転車をみる 

ママチャリの場合24インチ、26インチ、27インチなど様々なインチサイズがあります。
インチサイズの違いは適正身長の違いになります。
それぞれの適正身長は以下をご確認ください。

サイズ 適正身長
24インチ 122cm~154cm
26インチ 140cm~
27インチ 150cm~

24インチの場合はお子様または小柄な女性、26インチ以上であれば男女ともに利用することができます。
当然ながらハンドル、サドルの高さを調整することで26インチでも男性も十分乗ることができます。
なお、折りたたみ自転車はフレームの形が異なっているため、20インチでも男性が乗ることができるものもあります。

インチサイズが異なると自転車をこぐときの力の伝わり方も変わってきます。
一般的に止まった状態からの初動に関しては、インチサイズが小さいほうがこぎやすいといわれています。
一方、ある程度スピードが出てペダルをこがず惰性で進む場合は、インチサイズが大きいほうがスピードが落ちにくいです。
何度も止まる走る、短い距離を走る場合は20インチ程度の折りたたみ自転車がおすすめです。

※上記記載は同等程度のスペック自転車の場合の一般論になりますので、高スペックの自転車などは異なることもあります。

ハンドルの違いについて

  • ゴーゴーサイクリング セミアップハンドル
  • セミアップハンドル

    一般的なママチャリに多くみられるハンドルが手前に曲がっているタイプ。
    手をピンと張らずとも握れるので非常に楽で、安定性があり、どなたでも運転しやすいのが特徴です。
    セミアップハンドル自転車をみる 
  • ゴーゴーサイクリング ストレートハンドル
  • ストレートハンドル

    スポーツ自転車などにも採用されているハンドルが真っ直ぐなタイプ。
    ハンドルが真っ直ぐなので握ったときに前傾姿勢になり、力も入れやすいためスピードを出して走る用途に向いています。
    長距離の通勤・通学には断然こちらがおすすめです!
    ストレートハンドル自転車をみる 

変速ギア付き・ギアなしについて

  • ゴーゴーサイクリング ギア付き自転車
  • 変速ギア付き

    般的なママチャリでも、長距離を走るならギア付きママチャリがおすすめです。
    当店では高品質シマノ製ギアを採用。
    「シマノ」は日本の自転車ギアのシェアの大半を占める信頼ある自転車メーカーです。
    6段変速ではギアを細かく調整できるので、坂道や長距離も快適に走行できます。
    ギア付き自転車をみる 
  • ゴーゴーサイクリング ギアなし
  • 変速ギアなし

    価格重視で選ぶなら、ギアなしママチャリがお求めやすい価格です。
    近所でのお買い物や、ちょっとしたお出掛けには、ギアなし自転車でも十分に走行できます。
    ギアの切り替えが必要ないので、どなたでも簡単にお乗りいただけます。
    また、ギア故障の心配もないので気軽に乗りやすいのもメリットのひとつです。
    ギアなし自転車をみる 

ライトの違いについて

  • ゴーゴーサイクリング ブロックダイナモライト
  • ブロックダイナモライト

    一般的なママチャリに多く採用されているブロックダイナモライト。
    ライトに設置された発電機がタイヤに擦れることで発電し、点灯する仕組みになっています。
    充電や電池交換の手間がかかず便利な反面、点灯時はペダルが少し重くなるので走りづらくなる場合があります。
    ブロックダイナモライト自転車をみる 
  • ゴーゴーサイクリング オートライト
  • オートライト

    オートライトはハブダイナモライトといい、前輪の中心軸(ハブ)に発電機が設置されていて、
    タイヤが回ることで発電し、ライトが点灯する仕組みになっています。
    ライト点灯時も、ペダルが重くなりにくく音が静かなのが特徴のライトです。
    また、自動で点灯・消灯することも特徴のひとつ。
    ライトに搭載されている光センサーで、外の暗い、明るいを判断しライトのON・OFFを切り替えます。
    点灯忘れの心配がないので安全面にも優れ、お子様の通学にも適した仕様になっています。
    ペダルが重くなりにくいオートライトなら、暗い夜道も快適に走行できます。
    オートライト自転車をみる