メニュー
カート0

完全組立の自転車を激安でお届けする自転車 通販サイト

ママチャリに人気の付属品、特選パーツ5種

投稿者 :Taisuke Nakamura on

     オリジナルパーツは色々あれど、今回は5種に着目します。

自転車には用途や目的で種々の機種あります。代表的な9種の自転車を分類して概要を明記します。

ロードバイク(ドロップハンドルでスピードが出せる)、マウンテンバイク(山や非舗装道路向け)、クロスバイク(ロードとマウンテンをミックスしたフラットハンドル)、シクロクロス(オフロードで行われる自転車競技用)、ピストバイク(トラックレースで使用される競技用)、ミニベロ(タイヤが小さめの小径車)、シティ車(軽快車やママチャリで一般大衆輪)、折り畳み自転車(小さくたためて持ち運びができる)、電動アシスト自転車(バッテリーで駆動)等々ありますが、ママチャリには他の自転車にはない“オリジナルパーツ”が満載(装着)されているのです。

ママチャリの付属品とは

 自転車を用途や目的で9分類しましたが、シティ車(特にママチャリ)は他の自転車と比べても便利

 で実用的な付属品が多いことに気付きます。競技用の自転車には極力付属パーツは取付けない傾向ですが、シティ車や電動アシスト自転車は乗る人(使用する人)には利便性と安全性を兼ね備えた部品が多く装備されています。つまりママチャリでは付属品が必要不可欠な“パーツ”と成っています。

 一点でも欠けるとママチャリの機能が半減することは、乗った人のみが知る重要部品なのです。

ママチャリの特選パーツ5 ※独断で選択しました。

  • 前籠(バケット)⇒前輪の上部でハンドルの前部に取付けられて大変重宝な代物です。
  • 荷台(キャリア)⇒後輪の上部に取付けてあり、荷物の搭載と幼児用座席の取付けが出来ます。
  • ライト(ダイナモ式とオートライト方式)⇒発電機と一体型、前輪ハブに内臓の発電機タイプ
  • 錠(リンク錠など)⇒防犯対策で後輪のサドル下部に標準装着、スペアキー付き
  • ドレスカバー(後輪に取付け)⇒キャリアの下部に両サイドを跨ぎ取付けられています。

ママチャリの5種パーツの特異性

・前籠(バケット):通勤や通学のカバン、買い物時の荷物を投入する便利なバケットが標準装備されています。籠の材質は金属製の網タイプからメッシュタイプ、樹脂製ではデザインも奇抜で色調もカラフルなものがあります。但し、投入重量にはある程度の制限がありますので注意して下さい。

・荷台(キャリア):少し大きめの荷物を搭載できますが、バンドやロープで必ず荷物を固定して下さい。幼児用の座席を固定した場合は幼児の安全の為にヘルメットやシートベルトを着用のこと。

・ライト:ダイナモ式は照明ライトと発電機が一体型でフロントタイヤの回転力で発電します。オートライト方式はハブに内臓の発電装置が前輪の回転で発電します。LEDランプとセンサー取付きで、照度を感知して自動的に発電・照明する他にないハイクオリティの優れものです。

・錠(リンク錠など):防犯対策で固定されたリンク錠はママチャリの定番です。スペアキーもあり駐輪時には盗難防止のために必ず施錠して下さい。ワイヤー式の錠などは別売りになります。

・ドレスカバーの材質は一般的には樹脂製で後輪の両サイドを跨ぐように取付けられています。後部のキャリアに乗輪した時に身体や着衣の一部が車輪に巻込まれない様にする為の安全カバーです。

  ※まだまだ他にママチャリのオリジナルパーツはあります。ベル、前後の泥除け、ハンドル形状、

内装3段変速機、それに車体フレームの形状(スタガードやU字フレームなど)等々があります。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →