長時間乗ってもお尻が痛くならない自転車サドルの種類と選び方

自転車に長時間乗って通勤・通学している方は多いと思います。

自転車に長い時間乗っているとお尻が痛くなったことはありませんか?それはきっとサドルがご自分に合っていないのだと思います。

ここではお尻が痛くなりにくいサドルの種類と選び方を紹介したいと思います。

サドルの種類

サドルの種類はたくさんあります。

代表的なものを挙げていきます。
自分に合ったサドルを見つけてくださいね。

 

革サドル

汗をかかずに着衣との摩擦係数が低いことからサイクリング車やスポーツ車によく使われています。

人によっては乗り心地が良く長距離を乗ってもお尻が痛くならないと言われています。

スプリットサドル

座る部分を左右に分割して、左右それぞれにウレタンやジェルなどを入れることによってクッション性も高めたサドルです。

左右の足で自転車を漕ぐことによって自然にサドルが浮き沈みすることを想定した造りになっており、漕ぐときの負担が軽減されると言われております。

カットアウトサドル

会陰部に本来当たるはずの部分を切り抜くことで、余分な圧迫を防ぐ意図のもとに作られたサドルです。

溝付きサドルや穴あきサドルなどとも呼ばれております。ただし前傾姿勢で漕ぐことによって効果が薄れてしまいます。

サスペンションサドル

緩衝材が付いたサドルのことです。

緩衝材がついているためクッション性に優れております。

ノーズレスサドル

サドルノーズを無くしたもののことです。

ノーズがないことで会陰部への圧迫が少なくなりますが、高速でのコーナーリング時にはノーズ部分は安全のためにも重要なものであるため、競技用自転車にはあまり向かないサドルです。

ビッグノーズ

サドルノーズ幅が大きいサドルで、勾配の大きい坂道などでノーズ部分に座ることを意図して作られたサドルです。

サドルが大きくなるので人によって好みが分かれるものになります。

 

自分に合ったサドルの選び方は?

まず乗っているとお尻が痛くなってしまう自転車は、お尻のどこが痛くなるのかを正確に把握しましょう

例えば太ももの裏が痛くなるのであれば、サドル幅が広すぎるのが原因かもしれません。

逆にお尻の横が痛くなるのであればサドル幅が狭すぎることが原因かもしれません。

会陰部が痛くなるのであれば、前述したカットアウトサドルであったり、ノーズレスサドルなどを選んでみるのがおすすめです。

もしくはクッション性の高いサドルなども効果があるかもしれません。

サスペンション付きのサドルであったり、ジェルやウレタンなどの緩衝材が入っているものを使ってみるのもいいでしょう。

ここで注意していただきたいのは、柔らかいサドル=痛くならないというのは間違いです。

お尻の形は人それぞれ違い、筋肉の付き方、脂肪量、自転車の使用頻度等、同じ人はいません。

自分に合った形のサドルを選ぶことが大事になります。

自分にとってベストな形のサドルに出会えるまで、何個もサドルを変えるということはざらにあることです。

通勤・通学などで毎日使用する自転車だからこそ、自分に一番合った快適なサドルを見つけられるように、いろいろと試してみてください。

 

その他ママチャリに人気の付属品については「ママチャリに人気の付属品、特選パーツ5種」により詳しい解説をしています。

 

ゴーゴーサイクリングではソフトサドルを採用

ゴーゴーサイクリングではソフトサドルを採用しています。

ソフトサドルは長時間乗っても疲れにくい特徴があります。
ソフトサドルでおすすめの商品はこちらです。

サントラスト(suntrust) すそ SUSO

 シンプル設計で年代、男女問わすご愛用頂いてます。
シングルギアで必要な機能はしっかりと搭載、シンプル設計だからこそ激安価格を実現しました。

ゴーゴーサイクリングの中で一番安い自転車!

Point!スタッフの声

最安値ですが、カゴ・ライト・鍵付きと基本性能はきちんと揃っており、
シンプルな設計で使いやすく、男女問わずお使いいただける自転車です。
縦26cm×横35cm×高23cmのメッシュカゴが付いており、お買い物や通勤通学に便利です。
網目が小さいので荷物が落ちる心配もありません。

 

サントラスト(suntrust) dixhuitディズウィット

当店人気NO.1の自転車です。
カラーバリエーションが豊富で、通勤・通学、お買い物など幅広くご利用いただけます。

 

当店一番人気!デザイン性・機能性ともに充実の一台です。

Point!スタッフの声

「通勤通学や街中にはセンスある自転車に乗りたい」という声にお応えしました。
当店一番人気のおしゃれな26インチ自転車です。
信頼あるシマノ製の6段変速ギアを搭載。
グリップとサドルをブラウンで統一し、細部までデザインにこだわりました。
デザイン性・機能性ともに充実の一台です。

 

まとめ

自転車をもっと快適に乗るためにはサドル選びも大切です。
長時間乗っているとお尻が痛い!と思ったら、この機会にサドルを見直してみましょう。

しかし、前述のとおり一人ひとり自分に合ったサドルは違います。
自分に合ったサドルを見つけて快適なサイクルライフを送りましょう!

 

ゴーゴーサイクリングのおすすめポイント!

完全組立の自転車をお届け

当社スタッフにて、一台一台すべて組み立て・整備をして出荷しています。
お客様での組み立ては不要で、届いてすぐにお乗りいただけます。

購入後1年間メーカー保証
自転車メーカーが直接販売していますので、万が一不良があった場合でも、早急にご対応させていただきます。

保証内容につきましては、自転車に同梱されている保証書をご確認ください。

直販だから低価格・高品質
ゴーゴーサイクリングの運営会社である「サントラスト」は自転車メーカーです。
小売店を通さず倉庫から直送し可能な限り運営コストをカットすることで、その分自転車の品質に還元しています。




← 前の記事 次の記事 →

Liquid error: Could not find asset snippets/proteger-aftermarket-integration.liquid