自転車をもっと快適に!オススメの便利グッズ!

自転車に乗るときにおすすめの便利グッズ7選! 

通勤通学などの普段乗りから、サイクリングなどのお出かけの時にもおすすめな自転車の便利アイテムをまとめてみました。
自転車用品店や100均で購入できる便利なツールを紹介します。

①スマホホルダー(携帯ケース)

自転車の走行中にマップや経路を確認したいとき、携帯を取り出したりしまったりするのは大変ですよね。
ポケットに携帯入れておくと走行中に落下する危険もあります。
そんな時にスマホホルダーがあると、携帯を自転車に固定することで、停車時にすぐに携帯で画面を確認することができ、落下の心配もありません。

スマホホルダーの購入を検討している方には、雨の日にも使うことができる完全防水タイプがおすすめです。
ハンドルバーに取り付けるタイプが主流になっています。

携帯に自転車用のアプリをインストールし、スマホホルダーに固定することで、速度や距離、カロリー消費量などを計測することもできるので、長距離を自転車で移動する方は持っておきたい、おすすめアイテムですね。

サイクル専用 防水スマホホルダーの購入はこちら


 便利なスマホホルダーだけど、交通違反じゃないの?
自転車にスマホホルダーを取り付けること自体は交通違反にはなりません。

しかし、走行中の携帯の操作や注視はわき見運転に繋がり、事故の原因にもなりかねないので、スマホホルダーを使用する際は注意が必要です。



 

②自転車カバー

大切な自転車を雨や傷、錆から守る自転車カバーがあると自転車をきれいな状態で長く使うことができます。
自転車全体を守る自転車カバーのほかに、部分用のハンドルカバーやかごカバーも販売されています。



【自転車全体を守る自転車カバー】
普段乗りのママチャリなどに使用する場合は、24~27インチ対応のカバーがおすすめです。
自転車を長く使いたい方は、埃や雨から自転車を守ってくれるカバーを使うと安心です。

自転車カバー(24~27インチ対応)の購入はこちら








【かごカバー】
前かご、後ろかごの両方に使うことができるカバーがおすすめです。
雨や傷から守ってくれるのはもちろんですが、かごの中身を外から見えづらくするという点でも非常に役立ちます。
普段のお買い物に自転車を利用する方は1つ持っていても良いのではないでしょうか。

かごカバーの購入はこちら


 

③バーエンドバー

バーエンドバーって何?
バーエンドバーは、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのハンドルに取り付けるカスタマイズパーツの事です。

長距離を走行する際など、持ち手が疲れたときに持ち方を変えることができます。
また、持ち方を変えることで力が入れやすくなるので、坂道を登るときにも便利です。
ロングライドが多い方にはおすすめです。

しかし、バーエンドバーを使用する際にも注意すべき点があります。
持ち方を変えることによってブレーキに手が届かない可能性があり、急ブレーキをかけることが難しくなることがあります。
持ち方を変える場合はスピードを出しすぎないよう走行速度に気を付けて走行するようにすることが大事です。

 

④ボトルゲージ

ボトルゲージとは?
別名ボトルホルダー、ドリンクホルダーとも呼ばれており、ペットボトルなどを自転車に固定することができる便利なアイテムです。
自転車販売店や自転車用品コーナー、アウトドア用品を取り扱っている店舗などで購入できます。

ボトルゲージを取り付ける前に、まずはフレームやハンドルなど、ボトルゲージを取り付けたい箇所の太さを測り、希望の箇所に取り付けられるかを確認しましょう。
この時、実際にボトルゲージを取り付けて使用した際に、走行の邪魔にならない位置に取り付けられるかどうか確認することも大切です。

ボトルゲージにもいくつかのタイプがあり、取り付ける自転車の形によって使用できるものとできないものがあります。

例えばママチャリのような自転車の場合はスポーツ自転車のように元からドリンクホルダー用の取り付け穴がないことが多いので、ハンドルやフレームを挟む、または巻きつけるタイプのボトルゲージを選ぶようにしましょう。

ロードバイクやクロスバイクのようなスポーツタイプの自転車には、ドリンクホルダーを取り付けるための専用の台座やネジ穴がある場合がほとんどなので、フレームやサドルにある専用の台座に取り付けるタイプのボトルゲージを選ぶと良いでしょう。

 

⑤自転車スタンド

ロードバイクやクロスバイクはスタンドが標準装備されていることが少ないので、別売の自転車スタンドを購入することをおすすめします。
自転車を自立させる為のスタンドは駐輪時に役立ちます。

veloline キックスタンドポンプは、駐輪時に自転車を支えるキックスタンド、空気を入れるためのポンプ、夜間安全に運転するためのテールライト、タイヤとホイールを組み替えに使用するタイヤレバーの4つの機能が1つになったサイクルパーツです。

veloline キックスタンドポンプの購入はこちら




 

⑥ライト

夜間の自転車走行に必須な自転車ライトですが、標準装備のライトだけだと明るさが足りなかったり、照らせる範囲が狭いこともあります。
より安全に走行するために、ゴーゴーサイクリングがおすすめするフロントライトを2種類紹介します。


【3LEDを使用した電池式のフロントライト】
ハンドルの真ん中に設置するタイプのライトです。
3つのLEDで夜道を明るく照らします。

3LEDフロントライトの購入はこちら






【電池式で点灯・点滅が可能な自転車ライト】
ハンドルバーに取り付けるタイプのライトで、広範囲を明るく照らすことができます。

ハンドルバーに取り付けるタイプのフロントライトの購入はこちら




 

⑦サドルバッグ

かごが付いていないロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車に乗るときはサドルバッグがあると便利です。
サドルバッグは自転車のサドル下に取り付けるバッグです。

服のポケットに携帯などの貴重品を仕舞ったまま走行すると落下の可能性があります。
サドルバッグに携帯や財布などの荷物を収納したり、急な故障に備えて修理キットを入れておくと便利です。
大容量のバッグを使用すれば宿泊することもできますね。

おしゃれなデザインのサドルバッグも販売されているので、自分にあったデザインや容量のサドルバッグを探してみてはいかがでしょうか。


【ゴーゴーサイクリングおすすめのサドルバッグはこちら!】
サドルバッグの購入はこちら




【サドルバッグに入れておくと便利な自転車修理セット!】
パンク修理セットの購入はこちら


 

 

まとめ

ここでは7種類の便利グッズを紹介しましたが、気になる商品はありましたか?
100円均一で手軽に購入できるものから、自転車用品店など専門店で取り扱っている商品など様々な便利アイテムがあります。

自転車の使用用途に合わせて、自転車用品を揃えてみてはいかがでしょうか?

今回紹介した商品以外にもゴーゴーサイクリングでは、自転車乗りに便利な商品を多数取り揃えております。
気になった方はこちらからチェックしてみてください。




← 前の記事 次の記事 →