ママチャリとクロスバイクの違い

自転車を購入する時にママチャリを購入するかクロスバイクのようなスポーツ自転車を購入するか迷いますよね。

そもそもママチャリとクロスバイクでは見た目の違いはわかりやすいですが機能面も違いが多数あります。

ママチャリとはどんな自転車のことをいうのか

一般的に「ママチャリ」と呼ばれる自転車は、手前側に曲がった形が特徴のセミアップハンドルの軽快車タイプの自転車をさすことがほとんどです。

フラットな形のオールラウンダーハンドルのシティサイクルも含めてママチャリと呼ぶ場合もあります。


機能性よりも乗りやすさが重視され、通勤通学、お買い物など、日常生活での利用を目的として作られた自転車のことをいいます。


車体はクロスバイクに比べて重さがありますが、安定感があり、年齢や性別問わず乗ることができる自転車です。


 

ママチャリには主に以下の特徴があります。

 


・前カゴやライト、鍵・泥除け・スタンドなどが標準装備されている

・フレームの形状がU形やW型

・後ろにキャリアが付いている

・チェーンにケースがついている

・ドレスガードがある、など...


手ごろな価格帯のものが多く1万円数千円程度から数万円程度で販売されているのも特徴のひとつです。

ゴーゴーサイクリングでは12800円からママチャリを購入することができます。

こちらの自転車については「激安 自転車をお探しならゴーゴーサイクリングの12,800円の自転車はいかがでしょう?」により詳しい解説をしています。

 

ママチャリのメリット

ママチャリはクロスバイクと比較すると以下のようなメリットがあります。

 

・フレームがU型やW型なので乗り降りがしやすい

低床フレームと呼ばれるフレームの場合、自転車のまたぐ部分が地面に近く足を高くあげることなくママチャリに乗ることができます。

 

・走行中の安定感がある

セミアップハンドルと呼ばれるハンドルが手前にまがっているハンドルの場合、クロスバイクと比較すると背中が起きるため運転に安定感が増します。

 

・カゴ付きの自転車がほとんどなので、大きな荷物があっても安心

 ママチャリは荷物を運ぶことに優れており、前後でかごをつけることでより多くの荷物を運ぶことができます。

 

・価格が安い

ゴーゴーサイクリングでは12800円からママチャリを販売しており、ハイスペックなママチャリの場合でも25,000円程度で購入が可能です。

ゴーゴーサイクリングは自転車メーカーでもありメーカー直販のため、他の店舗よりも価格を安く販売することができています。

 

 

ママチャリの中の軽快車とシティサイクルの違い

ママチャリの中にもハンドルが手前にまがっている軽快車と呼ばれるママチャリとハンドルがまっすぐなオールラウンダーハンドルのシティサイクルがあります。

両方ともひとくくりにママチャリとされがちですが、この2種類でも機能はやや異なります。

クロスバイク→シティサイクル→軽快車の順にスピードを出しやすく、反対に軽快車→シティサイクル→クロスバイクの順に安定性が増します。

「ハンドルが手前にまがっている軽快車はおしゃれではなく避けたいが、クロスバイクは本格的すぎて乗れない」という方はハンドルがまっすぐなシティサイクルと分類される自転車がおすすめです。



クロスバイクとはどんな自転車のことをいうのか

クロスバイクは、スピードを出しやすいロードバイクと、耐衝撃性が高いマウンテンバイクの間に位置する自転車です。

ロードバイクやマウンテンバイクよりも気軽に乗ることができ、スピードと乗り心地を両立させたタイプとなります。

ママチャリに比べて車体が軽いので楽に漕ぎだすことができるため、女性でも扱いやすい自転車です。

価格帯は5万円前後のモデルが人気で、フレームの素材などにこだわると50万円近い価格になることもあるようです。

ゴーゴーサイクリングでは1万円台から購入ができる初心者向けのクロスバイクを販売しています。

カゴやライト、スタンドなどは標準装備されていないものも多いので、自転車を自分好みにカスタムするのが好きな方におすすめです。



クロスバイクのメリット

クロスバイクには以下のようなメリットがあります。

 

・車体がが軽く、漕ぎ出しやすい

車体はママチャリと比較すると軽いです。

フレーム素材に軽い素材を利用しているクロスバイクも多いですが、カゴや鍵、泥除けなどの機能が標準搭載されていないため軽くなっています。

 

・スピードを出しやすい

クロスバイクはスピードを出して快適にのるための自転車です。

そのため、ハンドルはオールラウンダーハンドルでサドルはやや硬めのサドルが多いです。

また、ブレーキは制動力があるVブレーキを利用することが多くしっかりと走り、しっかりと止まることができる自転車です。

 

・自分好みにカスタムできる

クロスバイクはカスタマイズが前提となっている自転車です。

そのままでも充分に乗ることができますが、通勤通学で利用する場合、泥除けや鍵が必要になり追加購入が必要です。

また、夜間の場合、ライトの設置が義務付けられています。

自分好みの自転車パーツやアクセサリを購入するのもクロスバイクの楽しみの一つといえます。



ママチャリとクロスバイクとの比較

ママチャリ クロスバイク
性能

カゴ、ライト、スタンドなどが

標準装備

自分好みにカスタムできる

価格

1万円台~

1万円台の商品もあるが、価格の幅が大きい

メリット

安定感があり誰でも乗れる

カゴ付きなので荷物がある場合も安心

フレームが軽く、漕ぎ出しやすい

スピードが出しやすいので、距離がある場合も楽に走行できる

デメリット

スピードは出しにくい

カゴ、ライト、スタンドなどを後付けしなければならない

ママチャリとクロスバイク、どっちを選べばいいのか

ママチャリとクロスバイクでどちらを購入するか迷っている場合用途に応じて選ぶとよいでしょう。


毎日の買い物に利用する自転車

毎日の買い物に自転車を利用するのであればママチャリがおすすめです。

重い荷物を入れるのであればママチャリの中でも、ハンドルが手前に曲がっている軽快車がおすすめです。

また、オプションで後ろにかごを付けることで荷物を運べる量が増えるので買い物で荷物が多くても安心です。

 

通勤通学で自転車を利用する場合

ママチャリの中でもシティサイクルと呼ばれるハンドルがまっすぐな自転車がおすすめです。

シティサイクルはクロスバイクと軽快車の中間程度のママチャリです。

特徴としては、かごはついており、後ろの荷台は付いていません。

また、スタンドは1本スタンドと呼ばれる片足のスタンドになります。

デザイン性が高い車種も多く、スタイリッシュで通勤通学に利用しやすいです。

ハンドル形状はクロスバイクと似ているためやや前傾姿勢になりスピードを出しやすい設計になっています。

かごが付いているため、通勤通学バッグも入り、シティサイクルはおしゃれなママチャリでおすすめです。

 

街乗りも長距離のライドもしたい場合

普段の通勤通学や休日の散策などの長距離ライドをしたい場合、クロスバイクがおすすめです。

ママチャリよりも快適に走ることができ長い時間自転車に乗っていても疲れにくい設計になっています。

かごは付いていないことが前提のため、通勤通学ではリュックを利用することが必要になります。



ママチャリをお探しの方におすすめの自転車

ゴーゴーサイクリングの中で一番安い自転車!

Point!スタッフの声

最安値ですが、カゴ・ライト・鍵付きと基本性能はきちんと揃っており、
シンプルな設計で使いやすく、男女問わずお使いいただける自転車です。
縦26cm×横35cm×高23cmのメッシュカゴが付いており、お買い物や通勤通学に便利です。
網目が小さいので荷物が落ちる心配もありません。


6段変速ギア、オートライト搭載のママチャリ!

Point!スタッフの声

明るいLEDライトとシマノ製6段変速ギア付きの自転車です。
縦28cm×横35cm×高24cmの荷物がたくさん入る大きめワイヤーかごを搭載した日常使いにおすすめの高性能ママチャリです。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ネイビー、ブラウンの4種類となっており、
ブラウンのみキャリア25のリアキャリアが付いているので、別売りのチャイルドシートを取り付けることが可能です。

クロスバイクをお探しの方におすすめの自転車


700×28C 6段変速ギア付きのクロスバイク!

Point!スタッフの声

はじめてクロスバイクに乗る方におすすめの自転車です。
安定性がある700×28Cのタイヤは、乗り心地が良く、クロスバイク入門にぴったりのサイズです。
デカールと呼ばれるデザインや模様は施されていないためきわめてシンプルなクロスバイクです。

まとめ


・ママチャリは日常生活に適した作りになっている

・クロスバイクは軽快に走行できるような作りになっている

・お買い物など荷物が多い場合はクロスバイク、通勤通学などスピードを出したい場合はクロスバイクがおすすめ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →