シニア向け自転車の特徴

ここ数年、高齢者の方の自動車免許返納を推奨する流れが大きくなった影響でちょっとした移動やおでかけに自転車を利用するシニア層の方も増えたのではないでしょうか。

気軽に乗れる一方で怪我や事故に繋がりやすい自転車ですが、シニア向けの自転車にはどのような特徴があるのでしょうか。

そこで、今回はシニア層におすすめの自転車の特徴を紹介していきます。


 

シニアにおすすめの自転車の特徴

インチ数が小さめの自転車を選ぶと安定感◎

ふらついた時にすぐに踏ん張れるように、両足が地面にしっかりとつくような適応身長が低めの自転車を選ぶといいでしょう。

26インチの自転車なら適応身長が140cm以上なので、小柄な方でも安定して走行できます。

さらに、シティサイクル型よりママチャリ型の自転車のほうが安定感があるので、安定感重視で自転車を選ぶなら、適応身長が低めでインチ数が小さめのママチャリがおすすめと言えるでしょう。


SUNTRUST LECIEL ルシールはオートライト付きの26インチの自転車です。

オートライトなのでライトの切り替えが必要なく、朝方や夜道など外が暗い場所でも快適に走行することができます。


普段のお買い物に自転車を利用するシニアの方は、後ろカゴをつけて後ろに荷物をのせると安定感が増します。

ゴーゴーサイクリングでは後ろカゴを自転車と一緒に購入すると取り付け工賃込みで2,980円で設置することができます。

後ろカゴの購入はこちらから

取り付け可能な車種が限られているので、購入の際はよく確認してください。




6段変速ギア、オートライト搭載のママチャリ!

Point!スタッフの声

明るいLEDライトとシマノ製6段変速ギア付きの自転車です。
縦28cm×横35cm×高24cmの荷物がたくさん入る大きめワイヤーかごを搭載した日常使いにおすすめの高性能ママチャリです。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ネイビー、ブラウンの4種類となっており、
ブラウンのみキャリア25のリアキャリアが付いているので、別売りのチャイルドシートを取り付けることが可能です。

 

軽量フレームの自転車がおすすめ!

駐輪や車体の移動の際に負担にならないように、フレームが軽くコンパクトな自転車がおすすめです。

アルミフレームの自転車は他のフレーム素材の自転車に比べて車体が軽いので楽に扱うことができます。


 

またぎやすい低床フレームで乗り降りを楽に!

シニア層の方には、またぐ部分のフレームが地面から近いU字フレームの自転車がおすすめです。

足を高くあげることなく、楽に乗り降りができます。


 

トラブルが少ないシンプル設計の自転車がおすすめ!

走行時のトラブルが少ないシングルギアの自転車がおすすめです。

チェーン外れの心配がなく、メンテナンスの手間も軽減されるので長く使えます。


ゴーゴーサイクリングで一番安い自転車 SUNTRUST スソ はシングルギアで基本性能が揃った自転車です。

適応身長140cm以上の26インチの自転車で男女問わずどなたでもお使いになれます。

最安値ですが、かご・ライト・鍵・キャリアが標準装備されており、普段使いにぴったりの自転車です。


ゴーゴーサイクリングの中で一番安い自転車!

Point!スタッフの声

最安値ですが、カゴ・ライト・鍵付きと基本性能はきちんと揃っており、
シンプルな設計で使いやすく、男女問わずお使いいただける自転車です。
縦26cm×横35cm×高23cmのメッシュカゴが付いており、お買い物や通勤通学に便利です。
網目が小さいので荷物が落ちる心配もありません。

 

電動自転車なら楽に漕げる!

電動アシスト付き自転車なら、長距離や坂道を走行するときに楽に運転することができます。

特にシニアの方におすすめの電動自転車は、ヤマハからシニア向けに発売されているPAS シオン-Uや、ブリヂストンのアルミーユミニやアシスタユニプレミア、パナソニックビビ・Lなどです。


 

安定感がほしいなら三輪自転車や四輪自転車もおすすめ!

転倒しない安定感のある自転車がほしい!という方には三輪自転車や四輪自転車がおすすめです。

100%転倒しないというわけではありませんが、二輪の自転車に比べて安定感があるので転倒しづらい作りになっています。

ブリヂストンからはブリヂストンワゴンやアシスタワゴン、パナソニックからはビビライフなどが販売されています。

特に、後ろに大きなカゴがついているタイプは荷物が多くなりがちなお買い物の際に便利です。

三輪自転車や四輪自転車に買い替えるのは面倒...という方は、お持ちの自転車に補助輪をつけてもよいでしょう。


 

シニアの方が自転車に乗るときに必要なものは?

 

ヘルメットのご準備を!

万が一の事故のために普段からヘルメットを着用することをおすすめします、

特にシニアの方の自転車の運転は、バランスを崩して転倒する危険が高くなるのでヘルメットを準備しましょう。

最近ではヘルメットに見えないおしゃれなデザインのヘルメットも増えているので、ファッション感覚で選んでみるのもよいかもしれません!


 

万が一の事故に備えて自転車保険に加入しましょう!

ゴーゴーサイクリングでは自転車納品時に自転車保険のご案内のチラシも同梱しています。

全国の自治体で自転車保険加入義務化の流れが広まっています。

万が一の事故に備えて、自転車購入の際は同時に自転車保険に加入することをおすすめします。


 

まとめ


・車体が軽くインチ数が小さめの自転車がおすすめ!

・電動自転車や三輪自転車でらくらく走行!

・自転車と一緒にヘルメットの準備と自転車保険加入も!


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →