メニュー
カート0

完全組立の自転車を激安でお届けする自転車 通販サイト

自転車(ママチャリ)のまとめ

自転車通学 軽快車 シティサイクル ~男子たる者の通学自転車はシティサイクル! 「軽快車」と「シティサイクル」の違いは!~

投稿者 :Taisuke Nakamura on

男子たる者の通学自転車はシティサイクル! 「軽快車」と「シティサイクル」の違いは! 軽快車とシティサイクルの違い 軽快車とはシティサイクルの総称であって、一般車やママチャリと呼ばれる事が多い。但し、JIS(日本工業規格)での定義は「自転車-分類及び諸元」で、従来の『軽快車』の名称を廃止し『シティ車』とする。(JIS D9111)と明記されていますが、市場で販売されているこれらの自転車には外観及び機能面で多くの相違点があり、知っておくと自転車選びで役立つと思います。現在では「折りたたみ自転車」を通勤通学や買い物に使用される方も少なくないため、分類は違えども用途が一般車の範疇(はんちゅう)に参入しつつあります。 軽快車(ママチャリ)とは 標準装備品の観点から区分し比較すると一般的には以下のような軽快車(ママチャリ)が多いです。 タイヤサイズ:目安として身長が150cm~165cmの人は26インチ、165cm以上の人は27インチ ハンドル:セミアップ かご:あり ライト:ダイナモ式ライトまたはオートライト 変速機:変速ギアなし、内装3段ギア、外装6段ギア チェーンカバー:あり 荷台(キャリア):あり スタンド:両立タイプ 泥除け:前後輪 錠:リンク鍵 ドレスカバー:あり 総重量:18~20Kg本体フレームが曲線的で女性向、悪路や高速走行には不向きです。 シティサイクルとは タイヤサイズ:目安として身長が150cm~165cmの人は26インチ、165CM以上の人は27インチハンドル:フラット かご:あり ライト:ダイナモ式ライトまたはオートライト チェーンカバー:あり荷台:なし 変速機:変速ギアなし、内装3段ギア、外装6段ギア スタンド:片立タイプ 泥除け:前後輪 錠:リンク鍵 総重量:20Kg以下悪路や高速走行には不向きです。但し、軽快車(ママチャリ)と比べて前傾姿勢での運転のためスピードが出易い魅力が “男子たる者の通学自転車”の人気となっているのでは・・・。 <軽快車(ママチャリ)とシティ車の選定ポイントと主要パーツ> ①タイヤ(ノーマル、耐パンク、及びサイズ) ②ブレーキ(ドラムブレーキが主流)③変速機(変速機なし、内装3段、外装6段) ④ライト(ダイナモ式とオートライト)⑤ハンドル(セミアップ、フラット) ⑥スタンド(両立タイプ、片立タイプ) ⑦フレーム(曲線的、直線的) ⑧外観、色調 等々

続きを読む →

自転車ママチャリ サイクルモード『CYCLE MODE international 2017』

投稿者 :Taisuke Nakamura on

ママチャリも主役! 要チェックのサイクルモード2017について『CYCLE MODE international 2017』開催日:2017.11.3(金)~5(日) 開催場所:千葉県の幕張メッセ国際展示場で開催されます このサイクルモードは世界中のスポーツバイクやブランドの最新モデルが結集する日本最大級の自転車フェスティバルです。スポーツバイクや軽快車(ママチャリ)、そして自転車関連のパーツ、グッズの展示、更には試乗スペースも広くあり、自転車に関する情報総てが凝縮されたビッグイベントです。 イベント概要 発見:最新モデルのスポーツバイクの魅力を最大限に体感・発見できる試乗コース。 展示自転車  最新モデルの勢揃い!ロードバイク、クロスバイク、MTB、電動アシスト車、ミニベロ、軽快車(ママチャリ)、シティサイクル、折り畳みバイク 等々 自転車以外の展示など 国内自転車市場の主役は軽快車(ママチャリ)、それともスポーツバイク? 通勤通学、スポーツ、レジャーなど欧米と比較して、まだに日本には根付いていない自転車文化が近年は、発展の兆しを見せていることは誰もが承知の通りです。2015年は国内販売台数が780万台に激減し激動の自転車市場でしたが、クロスバイク、ロードバイク、MTB等々が国内自転車市場の一角に参入し、近年は新たな流れが加速しつつあります。そもそも、誰もが経験した『自分の足でペダルを漕いで初めて自転車が前進した時』の感動と感激の余韻は大人になった今も誰もが持ち続けているのでは・・・。ミニペロか軽快車(ママチャリ)がその対象であったはず。自転車との関わりは、この一瞬がスタートでした。 考えて見るとミニペロか軽快車(ママチャリ)は自転車の原点なのでは、とも思います。通勤通学、スポーツ、レジャーの自転車は目的や嗜好が違えど生活の一部として日々進化しています。 自転車の時代が変われども“我らのママチャリ”は健在であることは間違いない事実であります。今後とも、国内の自転車市場の拡大の一役を担う“我らのママチャリ”にバンザイ!  ママチャリの標準的仕様 タイヤサイズ:20インチ、26インチ、27インチ 変速ギア:外装6段、内装3段、変速無し ライト:ブロックダイナモ、オートライト、LEDブロックダイナモ、LEDオートライト 外装本体カラー:ホワイト、シルバー、ブラック、レッド、ブルー、イエロー など多様 付帯装備(籠:バスケット、リアキャリア、フェンダー、ベル、リンク鍵、等々)

続きを読む →

ママチャリでダイエットしたい時の10のポイント

投稿者 :Taisuke Nakamura on

通勤通学ダイエット! ママチャリでダイエットしたい時の乗り方 ダイエットと一言で言えど、いろいろの方法や手段(健康器具、ジム通い、食事制限等々)があると思います。健康を維持したい、痩せたい、美しくありたい・・・などの目的で! でも時間が無いとか費用がかかる、長続きがしない・・・の理由で目的達成が容易でない事が少なからずあります。 通勤通学だからこそ、毎日定期的にカロリーを消費 俗に言う『自転車ダイエット』の方法は通勤や通学、買い物時に自転車のペダルをこぐことでダイエットになります。つまり移動とダイエットが実現でき“一石二鳥”で生活の一部に組込まれます。 消費カロリー(有酸素運動)を上げるために自転車のサドルを5センチ上げるだけでも効果が上がるそうです。(サドル固定のネジハンドルを緩めて簡単に調整出来ます、お試し下さい。) 大腿四頭筋が鍛えられるので効率的 自転車のペダルこぎは大腿四頭筋(太もも)を刺激して、脂肪燃焼効果を高めダイエットが期待できます。ちなみに、ウォーキングやランニングよりも自転車をこぐ方が消費カロリーは激しいとされています。つまり、「太もも」や「ふくらはぎ」への負荷(疲労具合)を意識してペダルをつま先でこぐことがポイントになり、ダイエット効果を更に高めるでしょう。 ひざ等の負担が少ない 自転車ダイエットは一回で20分程度が効果的と考えられます。なぜなら短時間ではダイエット効果が低く、長時間では疲労度が増して逆効果の場合もあり得るからです。 例えば、体が筋肉痛で動きにくくなったり、無酸素運動になって効果が半減することもあるので、急激な自転車ダイエットはおすすめ出来ません。 ウォーキングやランニングと比べて、自転車ダイエットは身体、特にひざへの負担が少なく疲れにくいです。 体重の負荷によって腰やひざを痛めたり摩擦によって足の裏にマメが出来たりする事も少なく意外と身体への負担が少ないのです。 スポーツタイプの自転車でなくとも、身近なママチャリでも十分なダイエット効果が得られます。 肥満認定されたサラリーマンの方や産休明けのママさんには、この自転車ダイエットをおすすめします。 ママチャリダイエットの魅力の一つに、普段着で遠くまで移動して、風景と風を肌で感じながら健康を維持しながら楽しく過ごせる素晴らしい時をプレゼントできるからです。 注記:ある芸能人の書籍「ママチャリ・ダイエット」の中で“ママチャリダイエットは痩せチャリ”の名言は余りにも有名でインパクトがありました。 自転車(ママチャリ)ダイエットの効果アップの10のポイント さあ、始めましょう!! ①背筋を真っすぐに伸ばす ②腕を伸ばす ③ハンドルを優しく握る ④両足を平行にこぐ ⑤ペダルはかかとでこぐ ⑥ひざから下の力を抜いて股関節から動かす ⑦変速ギアを軽めにする ⑧やや空腹状態で乗る ⑨習慣化して長く続ける ⑩心地よい疲労感を味わう

続きを読む →

ギア付きママチャリにも種類がある!外装6段ギアと内装3段ギアのメリット、デメリット

投稿者 :Taisuke Nakamura on

ママチャリの変速ギアで外装6段ギア、内装3段ギアって何のこと 地下鉄を含む電車やバスが通常の移動手段と考えていた東京都心で生活する人が自転車での移動を試み、あらゆる場所への移動に自転車を使用し、今まで気にもしなかった地域の再発見があったといいます。 「東京都心って、坂が多いんだな~と初めて気付かされた。上り坂での苦しみと疲労(上り坂での自転車移動)で息切れがした、下り坂は楽だけど(でも危険が一杯!)・・・・・」と。 ママチャリは便利な移動手段ではありますが、変速機が付いていると多少の坂道でも、こぎはじめや少し強めの向い風でも、または荷台に荷物をのせた時(二人乗車は禁止です)にも楽に走る事ができます。 外装6段ギアとは 6段変速のギアが露出しています。内装変速ギアに比べてギアが露出しているためチェーントラブルが起こり易いです。但し、軽いギアと重いギアの幅が広く範囲の変速調整が出来ます。 内装3段ギアとは 3段変速機は後輪のリアハブに密閉されています。その為にギアが原因でチェーンが外れる事がほとんどどありません。止まった(停止)状態でもギアの変速が可能です。 ギア比とは 前ギアの歯数÷後ギアの歯数=ギア比 外装6段変速ギア 標準的な歯数、前ギア:44枚、 後ギア:1速から28、24、21、18、16、14枚です。ギア比は一速から1.57、1.83、2.09、2.44、2.75、3.14となります。 内装3段変速ギア 標準的な歯数、前ギア:32枚、後ギア:14枚で32/14=2.28ペダル一回転でリアハブが2.28回転 する事になります。(ギア比は2.28を掛けると一速:0.73、二速:2.28、三速:3.10)外装6段ギアと内装3段ギアのギア比はほぼ同じで、急な坂道の走行負荷はほとんど同じです。 外装6段変速ギアと内装3段変速ギアの違いとメリットとデメリット 区 分 メリット  デメリット 外装6段ギア 1)   ギアの切替時は3段変速ギアと比較してスムーズに変わりあしへの負荷が少ない 2)外装3段変速ギアと比べて重いギアと軽いギアの差が大きい 3) ペダルを漕ぎながら変速が可能 1)変速装置が剥き出しの為、外部からの衝撃で変形 等が生じ操作不具合が発生生しやすい。 2)ペダルを漕ぎながら変速が必要 3)チェーンにこまめな注油が必要となる 内装3段ギア 1)ギアが内装されているのでチェーンが外れる事が殆どない 2)止まった(停止)状態でも変速が可能 3)錆(さび)や汚れに強く変速機のメンテナンスが殆ど必要ない 4)チェーン注油が少なくて済む 1)一つのギアを変えると、ペダルの重さが極端に 変わり脚力に負荷がかかる 2)外装6段変速ギアと比べて重いギアと軽いギアの差が 小さい(あしへの負担等) 変速ギア付きのママチャリ(軽快車)の選び方 ペダルを踏む重さは人によって異なりますが、一般的に疲れにくく楽なのは6段変速ギアです。 変速機やチェーンメンテナンス及び給油を考慮すれば、内装3段変速ギアが手間が省けます。 外観(塗装色やデザイン)や付随機能を考慮して変速ギア付きのママチャリを選ぶと失敗しにくいです。

続きを読む →

キャリアがついてても子乗せが設置できない!キャリアの意外な落とし穴

投稿者 :Taisuke Nakamura on

新生活が始まって自転車で保育園や幼稚園までママさんは子供の送り迎えをされている方も多いのではないでしょうか? そんな自転車の子供を乗せるチャイルドシートとキャリアについての今回はお話です。 そもそも「キャリア」とはなんなのでしょうか? 自転車にとってのキャリアとは普段では聞き慣れない言葉ですよね。 この自転車のキャリアとは荷台のことなんです。 自転車の後輪の上についている荷台の部分のことを言います。 みなさんも一度は目にしたことありますよね。 実はこの荷台の部分法律上定義された最大積載量が決まっているのはご存知でしたか? 子供を乗せるのには安全性が大切。 ということで、 2010年5月改定のJIS規格でキャリアに対しての基準が厳しくなりました。 チャイルドシートの取り付けられる最大積載量が25〜27kgのリアキャリアに取り替える必要がでてきたのです。 最大積載量を超えた重量の危険となってしまい取り付けが行うことができません。 自転車のキャリアは様々な種類があります。 キャリア18は文字通り18kgまでの重さにしか対応していないためチャイルドシート取り付けには不向きとなってしまうのです。 今回のオススメは「キャリア25」6歳程度まで自転車のチャイルドシートは使用できると言われております。だいたい6歳程度のお子様の体重は20kg。 ここでオススメのキャリア25の自転車をご紹介します! キャリア25の自転車一覧 普段は特に気に留めない部分と思いますが、チャイルドシートを付ける場合は自転車屋さんによく相談をしてから購入を見極めましょう。

続きを読む →