おしゃれに通勤通学したいけど、ママチャリはかっこ悪い。しかし、クロスバイクは少し本格的過ぎるという方むけにシティクロス!ピスキス。

最近は街中でよくクロスバイクに乗っている方をよく目にします。

場合によっては自動車並みのスピードを出してグングン走っている姿を見ると、「自分もあんな風に走りたいな~」なんて思ったりはするのですが、でもよくよく考えると「ガチすぎるな…」なんて思ってしまったり…。

なかなか手を出しづらいのがクロスバイクの特徴かなと思います。

でもママチャリって乗っている人には申し訳ないけど、誰でも乗れるというか、まぁ一言で言うならば「ダサい」んですよね。

だって子供からお年寄りまでみんなが乗ってますよね。

最近ではオシャレなママチャリも増えてきたけど、やっぱり「デキる」感を出したくなっちゃうものです。

何とかクロスバイクほどガチなものではなく、ママチャリほどの安定感もないようなものがないかなと探してみたら、ありました!

それがこちらです!

ピスキス

Piscis(ピスキス)という自転車です。

この自転車、画像を見てもらえばわかるんですけど、クロスバイクのようなフレームで、ママチャリみたいなカゴが付いてますよね。まさに中間の自転車です。

 

そもそもクロスバイクってどんなバイクなのでしょうか?

・軽い力でもスピードを出すことができる(時速30キロくらいまでは出せます)

・車体が軽量なので持ち運んだりするのが楽、駐輪もスムーズ

・アクセサリーなどを自分好みに取り付けられる(例 ライト、キーなど)

以上のような特徴があるのクロスバイクです。

見た目ももちろん違いますが、スタイリッシュさと同様に実際にスピードも出しやすくなっています。

 

また、ママチャリは以下のような特徴があります。

・ゆったりと乗ることができる(時速はせいぜい15キロくらい)

・カゴ付きで荷物運搬にも使える

・だいたいの装備は購入時から付いていて、追加で何も買わなくてもすぐに乗れる

以上のような特徴があります。

スピードが出せない分、のんびり乗ったり荷物を持ち運ぶときに便利なのがママチャリです。

 

ではこの中間のシティクロスとはどんなものなのでしょうか?

簡単に言えば、フレームは軽量化されていて、カゴ付き、そこそこスピードが出て、カスタマイズもそこそこ楽しめる、といった感じです。

要は本当にクロスバイクとママチャリの中間に位置するような自転車ということです。

 

ママチャリに乗りなれている方は初めはサドルの高さに違和感を覚えてしまうかもしれません。

低いところからスタートして、慣れてきたらだんだん高くしていき、足の長さに適した位置に調整しましょう。

サドルもクロスバイク目になっていて、少し硬めに作られています。

足に力をダイレクトに伝えるためです。

 

慣れるまでは我慢ですね。

まだそこまで出回っていないので、探すのは少し苦労するかもしれませんが、両方の良いところを兼ね備えた自転車なのでおすすめですよ!

また、シティサイクルと軽快車の違いについては「シティサイクルと軽快車の違いって何?」により詳しい解説をしています。

 

シティサイクルの自転車を探す


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →