自転車の鍵の種類は?おすすめの鍵をご紹介!

「自転車の盗難に遭ったことがある…」という方は少なくはないと思います。

自宅の敷地内や駐輪場に置いていても盗難されてしまう可能性はあります。
盗難されにくくするためにはどのような対策を行えばよいのでしょうか。

盗難防止のためには、自転車に鍵をかけることが有効です。
自転車の鍵にはどのような種類があるのでしょうか。
また、効果的な鍵のかけ方はあるのでしょうか。

今回は自転車の鍵の種類と自転車タイプ別でのおすすめの鍵を紹介します。

鍵は錠とキーに分かれます。
鍵7種類、キー5種類のそれぞれの特徴についてまとめました。

 

自転車の錠の種類

 

①リング錠・馬蹄錠

一般的な自転車に標準装備されている形です。
タイヤに取り付けることで、物理的にタイヤが回るのを防ぎ、ロックすることができるシリンダー式の錠です。

②箱錠・前輪錠・前鍵

自転車の前フォークに取り付けるタイプです。
リング錠が一般的になる前は元々取り付けられていることが多い錠でしたが、今は後付けが一般的になっています。
原理はリング錠と同じく、物理的に前輪が回ることを阻止することで盗難を防ぐ効果があります。
2個取り付ける事により、防犯力が上がります。

③ボタン式リング錠

鍵の携行が不要な番号固定式のリング錠です。
暗証番号を押して開錠するボタン式ロックです。
自転車の鍵は小さくなくしやすいため、鍵が不要なボタン式も便利です。

④ワイヤー錠

長さ・太さ・鍵タイプと最もバリエーションが多い錠です。
また、他の錠と比べて値段が安い傾向にあります。
材質やキータイプを気にせず、とにかく安い錠が欲しいという方にはワイヤー錠がおすすめです。
100円均一などでも取り扱いがあり、手に入りやすい錠です。
カラーバリエーションも豊富でおしゃれな色の錠を探している方にもおすすめです。

⑤ダイヤルワイヤー錠

鍵の携行が不要なワイヤー錠です。
番号固定式と、好みの番号を指定できる可変式があります。
長さ・太さのバリエーションが多く存在します。

⑥U字ロック・Uロック・シャックルロック

ワイヤー錠に比べ、開錠に時間を要するため盗難防止効果が高い錠です。
長時間駐輪することが多い方におすすめです。
構造上、重くなってしまうので携帯するには不向きですが、ワイヤー錠などより頑丈な素材を使用しているので、高価なクロスバイクやロードバイクに取り付けることをおすすめします。

⑦ジョイントワイヤー錠

芯材に使用されるワイヤーを金属製のジョイントとナイロンチューブで覆った3重構造になっているのが一般的で、ジョイントにより太くなる為、ポケット工具等では破壊されにくい錠です。

 

 

自転車キーの種類

①プレスキー

前から一般的であったキーを押し込んで開けるタイプのキーです。
工具で簡単に解錠できてしまうため、強度的には最も弱くなります。
また、鍵が小さいのでなくさないよう大きめのキーホルダーなどを付けることをおすすめします。

②シリンダーキー

キーを差した後に回して開けるタイプのキーです。
プレスキーに比べ格段に防犯性が高くなります。

③ディンプルキー

シリンダーキーに比べ機構を高度にしたタイプ。
表面にくぼみをつけているのでピッキングに強いキーです。
また、他のキーに比べて合鍵を作るには時間と費用がかかるため、防犯性も高いのが特徴です。

④ウェーブキー

ウェーブ溝があるタイプのキーです。
自動車等で採用されており、耐ピッキング性能が高いのが特徴です。

⑤ラウンドキー

差込口が丸い筒状でピッキングなどのイタズラがされにくいキーです。
エースキー、管キー、チューブラキー、八万ロック、バレルキーなどとも呼ばれます。

 

 

盗難防止に効果がある鍵の使い方

①ピッキングされにくい鍵を選ぶ。

プレスキー、シリンダーキー、ディンプルキーの順に防犯性能が高くなります。
複雑な構造のキーになるほど、ピッキングが難しくなります。

②二重ロック以上が防犯効果を発揮する。

鍵が2つ以上あれば、開錠するのに時間を要するため、盗難に遭いにくいので、二重ロック以上がおすすめです。
また、工具で簡単に壊すことができない鉄製の錠を選ぶとさらに防犯力が高くなります。

③種類の違う鍵を組み合わせ使用する。

自転車付属の錠のほかに、U字ロックとワイヤーロックなどで補強すると解錠するために時間がかかるため、盗難に遭いづらくなります。

 

 

自転車タイプ別のおすすめの鍵の種類

ママチャリタイプ・電動自転車におすすめの錠

他の自転車に比べて、比較的車体が重いママチャリタイプの自転車や電動自転車は、リング錠・馬蹄錠が標準装備されていることが多いので、盗難のリスクを下げるための二重ロック用にワイヤー錠がおすすめです。
ワイヤー錠は比較的安価なものが多く扱いも楽なので、普段乗りで乗り降りが多いママチャリや電動自転車の場合は面倒さの少ないワイヤー錠を取り付けてみてはいかがでしょうか。

ロードバイクやクロスバイクにおすすめの錠

車体が軽いクロスバイクなどにはU字ロックとワイヤー錠など2種類以上の錠を取り付けることがおすすめです。
ゴーゴーサイクリングではクロスバイクにおすすめのワイヤー錠を取り扱っています。

ワイヤー錠の購入はこちらから

 

 

まとめ

・盗難のリスクが低い錠はU字ロックやジョイントワイヤー錠、キーはディンプルキーやウェーブキー。

・用途や自転車タイプに合わせて錠やキーを選びましょう。

・長時間駐輪する場合は二重ロック以上がおすすめ。


この投稿をシェアする



← 投稿順